小説家になるには/才能皆無な私が独学で脱サラしてデビューするまで

<スポンサードリンク>

新人賞受賞作品の印税や著作権についての注意

新人賞で作品が入賞したら賞金がもらえるのが普通です。では出版される際の印税や著作権についての事情はどうなっているのでしょうか。

 

印税について

まずこれは出版社によって違ってきます。というより作家と出版社との間で交わされる契約内容次第ですね。

 

受賞作の書籍の印税に関しては賞金の中に含めてあるという契約のところもあれば、普通に印税を払うところもあります。

 

 

著作権について

これもきちんと認識していることが必要で、現在受賞作の著作権を出版社が完全買い取りを行うことも普通になっています。

 

著作権を渡すと言うことはその作品に関する財産権=出版権・二次使用権といった一切の権利を売り渡すことになります。

 

つまりその作品で商売をしていいのは出版社のみとなるわけです。

 

この辺をちゃんと理解していないと後でトラブルになったりするので、出版社との信頼関係を維持するためにも必要最低限の知識として知っておきましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

原稿の綴じとページ番号
応募原稿に小説のページ番号を振る場所や、原稿を綴じる場所などは、小説の体裁に沿って決めましょう。
新人賞に入賞した後のこと/2作目以降が勝負
新人賞に受賞することができたら、プロデビューのきっかけ、入口となることは間違いありません。まずは素直に喜び、受賞できたことを自信に思ってください。