小説家になるには/才能皆無な私が独学で脱サラしてデビューするまで

<スポンサードリンク>

小説家の生活・年収について/年200万稼ぐには

小説一本で生活出来ている人は多くないというお話はしました。

 

小説家も出版社と契約していますが、一種のフリーランスのようなもので結局は書いた分しか儲かりません。

 

小説家の収入源である印税と原稿料ですが、これで安定的な生活が送れるのは万単位の部数を安定してあげられるような人のみです。

 

5000くらいで「まあ次第点かな」という厳しい世界です。
10000部売れれば100万円が印税収入として入ってきますが、それでも年二冊のペースで出してやっと年収200万程度です。
(計算方法は印税と原稿料の仕組みを参考)

 

うーんこれは生活はかなりカツカツになります。
家族を養いながら・・・となるとかなり厳しいでしょう。

 

印税や原稿料以外

印税や原稿料以外で収入が得られる場合というのは、

 

ドラマやアニメ原作
講演
インタビュー

 

など。いずれの場合もまずは原作が売れないことには来ない話ではあります。
アニメ化されて関連グッズが発売されればそこからも版権料として、収入が見込めます。

 

出版業界の不況

近年読書離れでマーケットの規模は年々縮小してしまっています。
これは時代の移り変わりで仕方のないことです。本をよく読む人でさえ電子書籍に移行し始めていますからね。

 

小説家になるのは簡単。続けるのは難しい

小説家になるのは割と簡単です。今は新人賞が異常な数ありますから、そのうちのどれかに応募して賞をとればいいのです。

新人賞一覧

 

一昔前より受賞のハードルは下がったので、一本目のデビュー作を出すのはさほど難しくないのです。
新人のデビュー作は宣伝もしやすいのです。
問題は2本目、3本目が売れるかどうかで、これが売れなければ鳴かず飛ばずの作家という烙印をおされてしまいます。

 

なので数うちゃ当たる的な考えで、新人の本が次々とでては消えていくというのが現状です。

 

生活という面で見れば非常にシビアな世界なのです。

 

次へ:原稿料と印税の仕組みを知っておこう

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

原稿料と印税の仕組み/定価の●●%が収入に
小説家の収入源である原稿料や印税の仕組みについて解説しています。定価に対してどれほどが作者の収入になるのでしょうか。
苦労とやりがい/リスクと魅力を天秤にかけてみる
小説家を目指すにはまずこの職業のリスクと魅力を天秤にかけてみることがかなり重要です。
WEB小説で収入をたてることは可能?
近年気軽に小説をWEBで公開して、反応を楽しむことができるようになりましたがこれで生計をたてることは可能なのでしょうか?
ヒットの基準となる部数は?
一般小説において「ヒットした」というのはどの程度売り上げた作品のことをいうのでしょうか。
小説は副業なの?
小説家というのはそれ一本で食べていくのがいかに難しいことなのかをまずは知る必要があります。
人気の小説家って金持ちなの?
人気の小説家はめっちゃ稼いでる!というイメージも何となく定着している気はします。