小説家になるには/才能皆無な私が独学で脱サラしてデビューするまで

<スポンサードリンク>

小説家デビューするには/デビューする為の有力な3つの選択肢

小説家デビューするまでは、まずは出版社に作品を持ち込んだり、主催の文学賞に応募することから始めます。

 

そして書籍化されればめでたくデビューというわけです。簡単でしょ?・・・てなわけないですよね。

 

でも文学賞に受賞されれば、選考を担当した著名な小説家に認められたことになりますから、購買層へのアピールにもなるわけです。

 

とにかくまずは応募する賞を決めて、応募期限日までに作品を作ることです。

 

デビューする方法その2 自費出版してデビューする

文学賞に受賞しなくとも本を出す方法はあります。それが自費出版です。自費出版とは出版社と契約し、自分で費用を負担し出版社に販売してもらうことです。

 

全国規模での販売は難しいですが、出版社の契約している書店には置いてもらえます。

 

出版物自体に違いはなく、ようは出版にかかる費用が自己負担になるか(⇒自費出版)、出版社負担(⇒商業出版)になるかというだけの違いです。

 

ただし気軽にできるものではありません。自費出版には数百万という費用がかかる上、回収が見込めるとは限りません。

 

自費出版する人はそれなりにリスクを負って出版に踏み切るのです。

 

デビューする方法その3 同人作家としてデビューする

描いた作品を印刷会社に委託して、本にしてコミケ等で売ればこれも一つのデビューの形となります。

 

書店販売は無理ですが、コミケでの評判が良ければインターネット販売の促進にも繋がります。

 

持ち込みに関しての注意

さて漫画や小説に関しては持ち込みからデビューするという話を聞いたことがあると思います。

 

漫画家の場合はいまだこの募集形態は根強いですが、小説に関しては廃れてきているのが現状です、近年電子書籍の流行や、若者の読書離れによって出版しても赤字になることが多いからです。

 

なので自費出版か、文学賞を受賞するくらいの本物の実力者の作品くらしかいしか出版しません。厳しい世界です。

 

次へ:新人が応募できいる文学賞一覧

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

アマチュアが応募可能な、様々な小説の文学賞一覧
小説家デビューするには文学賞に応募して受賞するのが一般的ですね。では一体どのような賞があるのでしょうか?
小説家を目指す為の進路/高学歴のが有利なの?
小説家になる為にはどういった進路を選べばいいのかお悩みの学生さんが多いみたいですね。学歴や職歴などがデビューに関わることはあるのでしょうか?
小説を専業にするには/必要なのは才能ではなく分析と継続力
小説家は本当に才能の職業なのでしょうか?多くの人は才能がないからと自分の中に勝手に壁を作る傾向がありますが、これは非常にナンセンスです。その理由をお話しています。
才能がないと小説家になれない?
小説家が才能の世界だと思っている人は多いです。確かに才能というのは存在します。でもその才能の意味を履き違えている人はわりと多いのではないでしょうか。
自費出版と商業出版の違い
自費出版と商業出版の違いをわかりやすく解説しています。
自費出版はそもそも利益が出るの?
自費出版はお金さえ出せば本が出来るのが魅力なのですが、果たして高額を回収できるほどの利益は出るのでしょうか?
新人賞選考の期間は?
小説家デビューするにはまず新人賞に応募することはご説明してきました。今回はその後の選考について掘り下げてお話していきたいと思います。
小説家と漫画家の両立は可能か考えてみた
小説家と漫画家の2択で将来を悩んでいるという人も少なくないみたいなので、両立が可能なのか?というお話をしています。
小説家になるのに年齢制限はある?
体力的な問題もあるので、長い目でみれば若い人が有利というのは残念ながらあります。ですが高齢でもデビューした人がいくらでもいることを知っておいてください。
小説家を目指す上での勉強方法
小説を書く為の訓練、というか勉強法についてお話しています。
人気小説家の共通点
人気のある小説家に共通していることといえば知識と感性に優れているということが言えると思います。
海外小説の翻訳家になりたいなら
文章力・話の構成力など全くなかったサラリーマンでも独学でデビューできました。物書きとしてのセンスも才能もなかった私がどうやって学校に通わずスキルを磨いていったのか、デビューまでこぎつけたのか。独習でしか得られない超重要な「努力」の意味。
ライトノベル作家になるには
ライトノベルは10代後半から20代の若者に人気のある小説ジャンルです。憧れる人も多いですがどうすればなれるのでしょうか。