小説家を目指す為の進路/高学歴のが有利なの?

<スポンサードリンク>

小説家を目指す為の進路/高学歴のが有利なの?

小説家になる為にはどういった進路を選べばいいのかお悩みの学生さんの声をよく聞きます。

 

まあ結論からいえば小説家になるのにとくに「こうでなければならない」というような進路はありません。

 

必要なのは読者を惹きつける話をつくれて、かつ文章に起こす能力だけですからね。

 

とにかくたくさん読もう

あなたが学生であれ社会人であれ、この道を目指すと決めたらその瞬間からとにかく本を読みまくることです。

 

読んで語彙力や言い回し、文章の構成の仕方などを学ぶのです。売れてる小説や新聞のエッセイでも何でも良いですがモチベーションが続きやすいものがいいですね。

 

最初はただ純粋に好きな小説を読むだけでもOKです。今までのようにただ読むのではなく、文章をよく観察しながら読み込みます。

 

普段使いなれない言葉、言い回し、単語がたっくさんあることに気がつくと思います。

 

そういった箇所にチェックを入れておきましょう。

 

とにかくたくさん書こう

本を読むインプット作業とアウトプット作業は同時にやった方が飽きがこなくて良いと思います。

 

アウトプットというのはあなたが実際に小説を書く作業ですね。プロットを作り小説全体の設計、流れが決まったらとにかく手を動かしてみるのです。

 

最初は頭から出てくる言葉だけで書いていくだけで構いません。

 

書いている時に「もうちょっと他の言い回しできないかな・・・」「もっと適切な単語はないのかな・・・」と感じた部分に関しては印をつけておきます。

 

小説書きをしているとこういった良い言葉が見つからなくてモヤモヤすることは多いですが、ふとしたときに思いついたり、小説を読んでいる時に適切な表現が見つかったりするので、後で修正できるようにしておくのです。

 

小説家になるのに学歴は必要?

学歴がデビューに影響するなんてことはないので安心してください(笑)
ただ小説家はある程度教養がないと務まらない職業でもありますので、結果的に、ですが売れてる小説家は割といいとこ出てたりします。
知識欲求が強い人っていうのは何もいわなくても勝手に勉強するっていうのが理由ですかね。

 

ですがこれはあくまで結果論なので、教養がないと思うなら本なり新聞なりを読みまくって後からつけることもいくらでも可能です。
人生に「もう遅い」はありませんよ。自信をもってください。

 

前へ:アマチュアが応募可能な文学賞一覧
次へ:小説家を専業にするには

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

プロとしてデビューするには/デビューする為の有力な3つの選択肢
小説家デビューするにはまず出版社に作品を持ち込んだり、出版社主催の文学賞に応募しましょう。
アマチュアが応募可能な、様々な小説の文学賞一覧
小説家デビューするには文学賞に応募して受賞するのが一般的ですね。では一体どのような賞があるのでしょうか?
小説を専業にするには/必要なのは才能ではなく分析と継続力
小説家は本当に才能の職業なのでしょうか?多くの人は才能がないからと自分の中に勝手に壁を作る傾向がありますが、これは非常にナンセンスです。その理由をお話しています。
才能がないと小説家になれない?
小説家が才能の世界だと思っている人は多いです。確かに才能というのは存在します。でもその才能の意味を履き違えている人はわりと多いのではないでしょうか。
自費出版と商業出版の違い
自費出版と商業出版の違いをわかりやすく解説しています。
自費出版はそもそも利益が出るの?
自費出版はお金さえ出せば本が出来るのが魅力なのですが、果たして高額を回収できるほどの利益は出るのでしょうか?
新人賞選考の期間は?
小説家デビューするにはまず新人賞に応募することはご説明してきました。今回はその後の選考について掘り下げてお話していきたいと思います。
小説家と漫画家の両立は可能か考えてみた
小説家と漫画家の2択で将来を悩んでいるという人も少なくないみたいなので、両立が可能なのか?というお話をしています。
小説家になるのに年齢制限はある?
体力的な問題もあるので、長い目でみれば若い人が有利というのは残念ながらあります。ですが高齢でもデビューした人がいくらでもいることを知っておいてください。
小説家を目指す上での勉強方法
小説を書く為の訓練、というか勉強法についてお話しています。
人気小説家の共通点
人気のある小説家に共通していることといえば知識と感性に優れているということが言えると思います。
海外小説の翻訳家になりたいなら
文章力・話の構成力など全くなかったサラリーマンでも独学でデビューできました。物書きとしてのセンスも才能もなかった私がどうやって学校に通わずスキルを磨いていったのか、デビューまでこぎつけたのか。独習でしか得られない超重要な「努力」の意味。
ライトノベル作家になるには
ライトノベルは10代後半から20代の若者に人気のある小説ジャンルです。憧れる人も多いですがどうすればなれるのでしょうか。