小説家になるには/才能皆無な私が独学で脱サラしてデビューするまで

<スポンサードリンク>

ライトノベルの特徴

なぜライトノベルはライトノベルというのか。小説は小説なのに、ライトノベルと呼称を分けている理由は何なのか。この分野の特徴とは。

 

ラノベの特徴は若者に受けやすい

ライトノベルの特徴を一言で言うとするならば「軽い」ですね。

 

とにかく軽くて読みやすいからライトノベルなんです。

 

小説の特性がかなり削られているジャンルだと思います。

 

改行が多いし、会話文が多い。

 

こういった作品は一般小説を書く人間にとっては「なんじゃこりゃ」といわれかねないものなのですが、活字離れの進む若者世代にとっては実に読みやすく、わかりやすいので受けが良いのです。

 

確かに文章を読み慣れていない人にとっては普通の小説の言い回しは難しいし、よくわからない語彙も多いし文章ばっかりだし、で読み切るのにかなり根気がいると思います。

 

なおかつ価格も安いですし、学生でも気軽に買えます。

 

漫画とラノベの比較。ラノベの利点とは

まあそれだと漫画やアニメでいいやん。という声も聞こえてきそうですが、やっぱ漫画とラノベじゃ全然違うと思います。

 

漫画じゃラノベみたいに大量の活字を読むことはないですし、やっぱりいくら会話文が多いといっても小説は小説。

 

漫画じゃほとんど使われないような表現にも触れることができます。こういったことから若者の完全な活字離れを防ぐことができて、小説の入門書としては物凄く優れたツールなんじゃないかと思います。

 

ラノベから入って普通の小説も好きになったと言う人は結構多いですよ。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ライトノベルがアニメ化する条件
ライトノベルのアニメ化はファンにとっても、勿論作者にとっても念願の1大イベントだと思うのですが、そのGOサインがでる条件というのは一体何なのでしょうか。
ライトノベルに「萌え」は必須?
ライトノベルといえば萌え系のイメージをする人は多いかと思います。確かに最近のヒット作は萌え系が多い。やはり萌え系でないと売れるのは難しいのでしょうか。
イラストレーターは指名できるの?
ライトノベルの特徴といえば何と言ってもその作品を象徴するような「挿絵イラスト」ですよね。このイラストによっても人気が左右されることもありますし、自分が想像していた世界に具体的なイメージを与えてくれるイラストレーターさんはラノベ作家にとってとても重要な存在です。
ライトノベルは部数どれくらいでヒットといえる?
累計○○万部突破!といわれても正直あまりパッとどう凄いのか浮かばないですよね。今回はラノベの売り上げ部数のヒットの基準についてお話したいと思います。