小説家になるには/才能皆無な私が独学で脱サラしてデビューするまで

<スポンサードリンク>

ライトノベルのイラストは指名できるの?

ライトノベルの特徴といえば何と言ってもその作品を象徴するような「挿絵イラスト」ですよね。このイラストによっても人気が左右されることもありますし、自分が想像していた世界に具体的なイメージを与えてくれるイラストレーターさんはラノベ作家にとってとても重要な存在です。

 

イラストレーターは指名可能?

さてこの挿絵を書いているイラストレーターなのですが、指名はできるのでしょうか?

 

答えは殆どの場合NOです。

 

作家とイラストレーターが友人同士などで直々にお願いされると言った場合は例外ですが、大抵は出版社のほうがスケジュールに合うイラストレーターを手配します。

 

ただ全く希望が通らないということもありません。事前に「どんな感じの絵を希望するのか」というのは聞かれると思いますので、その意向に出来るだけ近い絵を描けるイラストレーターが手配される可能性はとても高いです。

 

イラストレーターはイラストコンクールの受賞者とか、ネットでイラストやってる人に声をかけて探します。

 

そりゃあ自分が好きな人気作家に頼めれば最高ですけどね。それやっちゃうと依頼が殺到して手が回らなくなってしまうでしょう。

 

スケジュールの都合でまず難しいことだと思っていてください。

 

まあでも自分がデビューしたときにどんなイラストレーターさんに描いてもらえるんだろう、とか妄想するのは楽しいですよね。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ライトノベルの特徴
なぜライトノベルはライトノベルというのか。小説は小説なのに、ライトノベルと呼称を分けている理由は何なのか。この分野の特徴とは。
ライトノベルがアニメ化する条件
ライトノベルのアニメ化はファンにとっても、勿論作者にとっても念願の1大イベントだと思うのですが、そのGOサインがでる条件というのは一体何なのでしょうか。
ライトノベルに「萌え」は必須?
ライトノベルといえば萌え系のイメージをする人は多いかと思います。確かに最近のヒット作は萌え系が多い。やはり萌え系でないと売れるのは難しいのでしょうか。
ライトノベルは部数どれくらいでヒットといえる?
累計○○万部突破!といわれても正直あまりパッとどう凄いのか浮かばないですよね。今回はラノベの売り上げ部数のヒットの基準についてお話したいと思います。