小説家になるには/才能皆無な私が独学で脱サラしてデビューするまで

<スポンサードリンク>

小説家の仕事内容/「書く」以外に何をしているの?

小説家の仕事は極めて単純。自分の培ってきた知識・経験・創造力を頼りにひたすら小説家を書くことです。

 

小説のジャンルは細分化されていて、様々な層が楽しめるよう種類が豊富です。

 

今確立されている小説のジャンルは以下の通りです。

 

ライトノベル
歴史
SF小説
恋愛小説
ケータイ小説
推理小説
ホラー小説

 

などなど。作家によって得意分野もことなり、特定の分野で抜き出た才能を発揮する事ができれば名前も売れやすいです。

 

最近は出版社に持ち込んでデビューする以外に、インターネットの発達で携帯小説やWEB小説などで発表の機会は増えてきています。

 

小説家の生活スタイルは?

その小説家の生活スタイルは小説家によって様々です。
詳細は次回のご紹介するぼくの一日のスケジュールを見てみてください。
⇒小説家の一日のスケジュール

 

ですが多くの人に共通しているのは、生活リズムを大切にしているという点です。
小説家は基本的にフリーランス業なので、決められた勤務時間や休日がありません。

 

その為何も決めないと生活リズムが崩れがちになってしまうのです。
これは健康にも作品の質にも影響してしまうので、生活リズムは一定に保つようにしています。

 

よほど納期ギリギリにならない限りは無理して深夜まで書いたりしないのです。

 

楽な仕事ではありませんが、自分で生活スタイルを決められるという点では非常に有意義ではないかなと思います。

 

次へ:小説家の一日のスケジュール

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

小説家の一日のスケジュール/インプットとアウトプットの重要性
小説家の一日のスケジュール立てはいかにインプットとアウトプットをバランスよく共存させるかに重きをおきます。
漫画家と小説家の違い
漫画家と小説家の違いについて解説していこうと思います。 違いといっても基本的な違いについては皆さんおわかりだと思うので、求められる能力や食べていく上での苦労の違いなど根本的な部分のことですね。 まあこれは人それぞれ見解も違うでしょうし、一概にはいえないことですがあくまで僕個人の見解と受け取ってください。
脚本家と小説家の違い
小説家と脚本家は同じ文章を書く仕事ではあります。 昔は脚本家と小説家もおなじような分類でした。 小説家はアニメやドラマ・映画の原作を書く人で、脚本家は基本的には人が書いた原作をアニメやドラマ用に脚本として書き起こすことです。
小説家としての心構え
小説家としての心構えについてお話しています。
習慣つけておくべきこと
小説家というのは一般的なサラリーマンと違って出勤時間や勤務時間といったものに縛られない分自分の裁量でだらだら過ごしてしまいがちです。これは小説家という職業の自由な面でもあり、この職業で食べていくにはネックになる部分でもあります。
漫画と比べてみて小説の優位点を考えてみた
漫画と小説。どちらも一長一短で比較するのも野暮というものですが、そこをあえて比較して小説の優位点を考えてみました。